医療事務には資格が必要|専門学校に通おう

人柄を見る

ナース

何を話せばよいか

看護学校では、一般の筆記試験の他に論文と面接を設けている学校が多いです。看護師にとって一番対する相手は人間です。なので、看護学校では面接を設け、その人柄をしっかりチェックします。看護学校を受験する人は学校や予備校で面接の対応を練習すると良いでしょう。それでは、看護学校の面接で聞かれやすい質問とはどんなものがあるでしょうか。まず、『何故看護師になろうと思ったのか、どのような看護を提供したいか』は必須です。医療職は医師・薬剤師・理学療法士などほかの職種もあるなか、何故看護師になろうと思ったのか。看護師になって患者さんとどのような関わりをしたいか、これは理想の看護師像とも重なります。また『何故この看護学校を選んだのか』これもよく聞かれる質問です。看護学校は大学・専門学校と数多くあるので、その中で何故この学校を選んだのか。国公立や私立、また地域や専門科に特化した学校もあるので、希望する道があればそれを伝えてみると良いでしょう。また『学生時代に頑張ったこと、辛い時にどう乗り越えたか』もよく聞かれる質問です。看護師は決して楽ではありません。学生時代の実習もそうですが、人の命を扱うため、働き出してからも勉強は必須であり、内容もきつく夜勤もあり、離職率も一般職と比較し高いです。そのため、仕事で大変な時にどのように乗り越えるかはとても重要です。そこに対しどのように自分が乗り越えてきたか、対処してきたかは見たいポイントです。看護学校の面接は人柄を見る大事な項目です。自分がいかに看護師になりたいか、どのような看護を提供したいかをアピールしましょう。